2016年04月

2016年04月15日

 この度の熊本県の地震で被害にあわれた皆さまにお見舞い申し上げます。

 九州は地震の少ない地域ですので、本当に突然のことだったと思います。遠く及ばずながらお察し申し上げますと共に、1日、1秒でも早く通常の生活が取り戻せますよう、心よりお念じ申し上げます。

 私はおかげさまで変わらない生活を送らせていただいています。

 ツイッターでは、かつて大きな地震震災にみまわれた方々の経験などが数多くあげられ、大変参考になりました。

 昨晩の経験から申し上げますと、風呂場やトイレなど、面積に対して柱が多いところにいますとあまりゆれませんでした。倒壊のリスクも少ないようです。

 一人でも多くの人が無事でありますように。