2007年10月

2007年10月31日

 全力で敵の侵入をブロックせよ!!

 昨日の昼、急に背筋がぞくぞくっとし吐き気と下腹部の痛み…。
「これは3時間後に倒れる」
 と予測をたて、それまでに倒れこめる環境を作り(夕食を作ってしまう。洗濯物を片付ける等々)そして、

 布団の中で体内大戦争を繰り広げていました。なんといってもリアルイベントやゲーム内イベントを控えているので、何日も寝込むわけにはいきません。

 1日! 1日で片をつけちゃる!!

 すごい気合いと集中力で眠りました。体内のアドレナリンをがんがん出しながら。

 結果、今朝から少しはだるいものの普通の生活を送っております。

 風邪は気合!!

 まあ、全国市の自分担当である「くいずらりー」の会議は、班長に信書を出して欠席の旨を伝えることになりましたが…。ごめんね。でも出られる情況じゃなかったんだ><。



2007年10月30日

 思えば私が信onに復帰したのもこの方にお会いする為でした。神竜一門の酔いどれ忍者、ルナさん。昨晩やっと念願の再会を果たしました。おかえりなさいーヽ(*´∇`)ノ

 せっかく復帰してくださったのだから、何かど派手はもてなしを?>< と思いつつ、自分が復帰したばかりの時は動き方から何からほぼ全て失念しているという状態だったのであまりハードなことに巻き込んでも…。ということで、あやめしゃから対話が来たのを幸い、もろとも徒党に入れてもらって

 魔犬から伏雷までいってきました☆

 ハードですね(*ノノ)

 しかしながら、ルナさんはほんとに1年くらい休止してたの?!という程に全然違和感なく忍者の動きをこなしていらっしゃいました。さすがです@@ 伏まで全部一発クリア。術忍として参考になるなーと勉強させられました。ううーん。あんな技をここに使ってもいいのかー(’’

 そんなこんなでハードさを感じていたのは、実は私のほうだったかもしれません…w 

 ちなみに構成は、術忍(ルナさん)、武芸(カケルさん)、武士道(はづきさん)、古神(ごとちん)、暗殺→黒だけ召還(あやめしゃ)、神通(アンドレさん)、刀(海たまご)でした。

 なんだか毎日黄泉に行ってるなあ^^;

 何はともあれ、おかえりなさいーヽ(*´∇`)ノ 奇遇にも他の神竜一門の方々も復帰されているので、もしかしたら一族冒険も復活するかもですね。後は党首さんでしょうか。あの
「よろしく哀愁にゃ」
 の声が聞きたいところです^^ そうだ。ぶんしゃんも神竜一門だったじゃまいか。復帰復帰!! 続きを読む

2007年10月29日

 最近チャイナタウン富山にこもっている猫乃です。こんにちわ☆ 丹の生産はいくらやっても修得値がたまりませんががんばっています。巫女は弓ノックでなんと本日銀首を作れるようになりましたヽ(*´∇`)ノ 暖かく見守ってくださったみなさま、ほんとうにありがとうございます。これで全国市で配ることができますー>w<ノシノシ いやっほぅ!!

 さて、昨晩は全国市の会議が私設であったので生産デーに…と思っていたのですが、色々な流れがあって(主に中の人の意思の弱さ)超身内徒党でtdに行ってまいりました。。。。 てへ^^;

 で、tdで鍛冶をしながらの会議だったのですが、オークションで某M氏が品物を出すということで、中の人の中に何かのスイッチが入ってしまい、次の瞬間リアル知人巫女さんに対話を!!

ねね、オークションに首飾りとか出品してくれないかなーなんて(’’
いいよー


 なんていい人なんでしょう!!!持つべきものは友達です。やったーやったー! そして次に入った対話が

続きを読む

2007年10月28日

 昨晩は、黒→火雷に行ってまいりました。秋で。

 構成は、刀(ごとちん)、召還(ウナギ隊長)、武士道(あやめしゃ)、武芸(カケルさん)、古神(テコリン)、修験(ふぇねさん)、術忍(秋)です。

 色々な人と出会いながらも伏までは一発クリア。しかしながら、火雷までの道すじを全然覚えられないのでたどりつくのが一番大変でした。いつも全力で走らないといけないから風景が頭に入らないんだよね>< 魔犬までみたいに光筋がついているわけじゃないし。なんか何度も何度も伏にたどりついちゃうし;;

 忍者の行動には大分慣れてきました。ええ。1sしたつもりで2sにいくなんてお茶目なこともしましたが、多分ずいぶんなれました。薬の行動もなれるまで時間がかかったものです。というか、育つのに時間がかかったから、自然と色々なこと覚えるよね。忍者もゆっくり育てよう。

続きを読む

2007年10月27日

 永遠の武士道。それは武士道が不遇な頃から武士道で、武士道全盛期も武士道で、武士道が忘れられても武士道な人。そんなラストブシドーなKHT#3なのぼるさんが職人篭手を作ってくれました。

「お守り職人」

続きを読む