戦国つれづれ日記・其の三

ネトゲをたまにしている人が日々思ったことをだらだら書き連ねているブログです。信長の野望オンラインでは本願寺家所属。                                           最近PCに張り付く時間が激減しているんですが、リアルが充実してるってことにして欺瞞的満足を得るほど割り切れているわけでもありません;;

物語を生きる私たち

 上杉家が大変だとツイッターで聞いて、公式を見たら、本願寺も合戦が起こってる!!
 兵站とかなら育ってないキャラクターでもいけるかな。でも今の合戦の仕様のこととかほんとわかんないからなーと一瞬悩みました。が、いずれも大勝、優勢と現在なっておりました。よかったー^^*

 私は自分が一番大事なので、私のキャラクターが所属する本願寺が信onにいつも存在していることを強く望んでいるのだと思います。本願寺を通じて仲良くなったお友だちがたくさんいる上杉家も安泰であってほしいと思っています。今は同盟関係にないようですが。

 現在もTERAに浮気していますし、あれこれとMMOをやってみましたが、信onの楽しさは他のゲームとは楽しみ方の質が違うような気がします。

 他のオンラインゲームは、選び合った人たちと仲間になって楽しむのですが、信onは特に選び合ったわけではない人たちと同じ国になり、同盟を組み、戦略をたてて国の存亡をかけて合戦をする そんな流れがあるわけで、リアル世界の鏡のような部分を持っているわけです。人間関係的な意味で。

 そんな意味ではどのMMOよりも「私」が問われるものであり、際立って物語性が強いものだと感じます。

 私たちは、自分では自分の姿を見ることはできないのですが、鏡を通して自分の姿を左右反転したものながら見ることができるように、物語を通じて自分のありようを見ることができるのでしょう。

 その証拠に、信onをやっている時とやっていない時では、私自身の自分に対する問いかけの量が違うような気がします。それだけ悩みもあるということでしょうか(笑)

 他のMMOが気楽でも結局私が信onに戻ってくるのはそこにある物語性によるのかもしれません。

続きを読む

ガチの初心者だといろいろと気楽でいいですね。

TERAをずっと遊んでいます。今、経験値アップ鯖で経験値アップ期間のおかげで、基本クエストを進めているだけでレベルが上がりすぎになってしまい、受けれないメインクエストも出てくる予感です。そうならないように必死で早めに受けているのですが、おかげさまでクエスト一覧がいっぱいになってしまい混乱します@@

 昨晩は、新キャラを作成してくださったお〇さんとも合流でき、ペガサスの乗り方を教えて頂いたりしました。ペガサスチケット、メールで届いていたとか気づきませんでした。これで空をとべば絡まれ極意からも卒業です! 心強い! お〇さんありがとうございます!!

 で、ふと気が付くと、そういえば信onも今度のメンテまでに東西の報酬を交換しないといけないんじゃなかったっけ??@@ と気が付きました。

……何もらおうかなー。。

現実逃避からの逃避的な

結局、軍神育てるのの餌の餌の餌の……って考えるところから脳が拒否反応を示して、気が付いたら
TERA_ScreenShot_20170624_053229
こんなところにいました。。

 くノ一強すぎです。

 現在、ルーキー鯖で経験値がガンガン上がる状態なので、必須クエストをこなしているだけだというのに2日でlv.20になってしまいました。ESOの時のように、ソロでレベルが上がるだけ上がってしまい、一度もPT組んだことない→組むのが怖い→そのうちやめる 図が今から目に見えるようです(=w=

運命ってなんだろう

妖魔が数体沸いている陣に手榴弾投げ込むと、1体につき200の武功が入って大変お得です。自軍に沸いている場合、疲労回復も同時なので無限に投げられます。3体沸いている敵陣だと、3×200+50+5 というおいしさですが、人が多い時間帯だとほぼ間違いなくたたかれて退場なので、そこはご愛敬ですね。

 ただ、やはりそれだけやっていると飽きますw

 子どもを2つのグループにわけて難解なパズルゲームをさせ 1つのグループには報酬を与え、もうひとつのグループは無報酬で放置する という観察実験があったそうですが

 この場合、なんと 報酬を与えたグループは途中でパズルを解くのをやめたのだそうです。無報酬のグループだけが最後までやりとげたのだとか。これはなんだか考えさせられてしまいます。動機が外部からのものなのか内的なものなのかが報酬で分岐してしまうということでしょうか。

 「ほめて育てる」のは子どもが果てしなく「ほめる」を要求してきて自発性が抑えられてしまう。子どもは
「ほめて育てるよりも認めて育てるのがいいのよ」
 と、とある先生がおっしゃったのですが、それにも通じるのでしょうか。

 私は何を求めて何を欲して信onをやっているのでしょうか。知人との会話、交流、気晴らし、現実逃避、単純にゲームのギミックが好き 色々あるとは思うのですが、それがいつのまにかキャラクター育成という報酬にすり替わっていき、それが自分の首を絞めているのかもしれません。

 だけど、それがあると瞬間すごーくうれしいのも確かで、もう何が正解かわからないというのが本当のところです。

 今、私は信onというゲームをするのに、自分が何をしたら快なのか、何が不快なのか。そもそも何を求めているのか 続けることはどういうことなのか 等々 悩んでいる状況です。

 そもそも、信onを初めるきっかけのひとつになったのは第一回東西です。これに参加したいと思った。そして急いでキャラを作ってキャラレベル5で東西に参加してMMOってなんて楽しいんだ!って思ったんですが、その原点を思い出すのに今また東西に参加していろいろ考えるのも運命なのかもしれません。運命といえば、漫画家あらいぴろよ氏が以前ルームシェアされていたという方のセリフが秀逸でした。

「ばかねー!
 運命の人っていうのは、近場の都合のいい人のことよ。
 自分にとって都合よくない人とは一緒にいられないわよ!」

 漫画「”隠れビッチ”やってました」 あらいぴろよ著 光文社 より


続きを読む

東西はやっぱり楽しい♪

Nol17061703

 ミリ様デザインの狐の片面、日和見さんデザインの一大事立物。

 これは欲しいなー。と思って必要点数を見たら、それぞれ80000点と20000点で合計10万点也。

 武勲をここまで稼ぐって大変なんだけどなああああ><。

 グレネードをなんとなく投げ込んで30分で5000として、10時間もインするのか。どうしよう……。

 と思っていましたが、その後、救援に入ったりなんだかんだで8万ほど貯めることができました。あともう少し!

 もうほんと、いろいろな技能のこと忘れ果てていたので、最初は救援入ってもほとんど
「何しにきた?!」
 って状態だったのですが、何度かやってやっとなんとかカンを取り戻してきました。薬師の特化は3系統やったのですが、合戦場ではやっぱり修験が一番楽しいですね。
続きを読む
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

Let'sぷにぷに!!
あなたのブログにいつでも触れる猫のニクキュ~!
肉球ブログパーツ新登場。
Powered by KAYAC